飯田グループホールディングス

ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

フラット50を使うには?

フラット50の概要

フラット50とは、長期優良住宅の認定を受けた住宅について、償還期間の上限を50年とする住宅金融支援機構の証券化スキームを活用した長期・固定の住宅ローンです。

ご利用いただける方

  • お申込時の年齢が44歳未満の方(親子リレー返済を利用される場合は、満44歳以上の方もお申込いただけます)
  • 安定した収入がある方(安定した収入があれば、非正規雇用の方や就職年数の短い方も申込みできます)
  • 日本国籍の方または永住許可などを受けている外国人の方
  • この住宅ローンとその他のお借入金を合わせたすべてのお借入金の年収に占める年間合計返済額の割合が、次の基準を満たしている方
年収 400万円未満 400万円以上
基準 30%以下 35%以下

お使いみち

お申込みご本人またはご親族がお住まいになるための住宅の建築・購入の資金

ご融資対象となる住宅

共通

  • 建設費(建設に付随して取得した土地の購入費も含められます)または購入価額が1億円以下(消費税を含む)
  • 長期優良住宅であること。
    • 長期優良住宅認定通知書などの提出が必要となります。
  • 住宅の耐久性などについて住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅
    • 適合証明機関に物件検査の申請を行い、適合証明書の交付を受けていただきます。

新築住宅

借入申込日において竣工から2年以内で、人が住んだことのない住宅

中古住宅

借入申込日において竣工から2年を超えている住宅、または既に人が住んだことのある住宅

ご融資金額

  • 100万円以上6,000万円以下で、建設費または購入価額の60%以内
  • 【フラット35】と【フラット50】を併せてご利用いただけます。その場合のお借入額は200万円以上8,000万円以下で、建設費または購入価額以内(1万円単位)となります。
    ただし、この場合でも【フラット50】のお借入額の上限(6,000万円)は変わりません。

ご融資期間

  • 36年(432回)以上50年(600回)以内(1年単位)
    お申込みご本人の年齢が31歳以上の場合は「80歳-お申込時の年齢」、親子リレー返済を利用する場合は、後継者の方の年齢を基準とします。

ご融資金利

全期間固定金利(ご融資金利は、融資実行時点の金利が適用されます)
現在の金利はこちら(月初第一営業日に金利が決定されます)
〈参考〉当初10年間の金利を抑えた段階金利タイプがあります。

【フラット35】と【フラット50】を併せてご利用いただく場合は、融資率(建設費または購入価額の90%以下・90%超)に応じてお借入金利が異なります。

ご返済方法

元利均等毎月払い、または元金均等毎月払い

いずれも6か月毎のボーナス払い(ご融資金額の40%以内)も併用できます。

口座振替日は毎月5日で、約定日13日に住宅金融支援機構に入金されます。

遅延損害金は年率14.5%(年365日の日割計算)です。通帳には「FFL)フラット35またはMHF)フラット35」と記帳されます。

繰上返済手数料はかかりません。

担保

ご融資対象となる住宅及びその敷地に、住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定していただきます。

  • 抵当権の設定費用(登録免許税、司法書士報酬など)はお客様のご負担となります。

保証人

必要ありません。

団体信用生命保険

原則として住宅金融支援機構の団体信用生命保険にご加入ください。団信の特約料は、ローンの返済とは別に毎年1回支払うことになります。その特約料は、借入残高等と特約料率により算出されます。

火災保険

返済終了までの間、借入対象となる住宅については火災保険に加入していただき、建物の火災による損害を補償対象としていただきます。

  • 火災保険料はお客様のご負担となります。

事務手数料等

  • 32,400円(消費税込)標準タイプ1の場合
  • 100,800円(消費税込)標準タイプ2の場合
  • 融資金額×0.87%(消費税込)段階金利タイプの場合
  • 融資金額×1.65%(消費税込)手数料先払タイプの場合

保証料

必要ありません。

融資実行日

フラット50の融資実行日は原則として、毎月13日を除くすべての営業日となります。

  • 本ローンはご融資実行後、直ちに住宅金融支援機構に債権譲渡されますが、その後もお客様との契約内容(融資金利や返済期間など)に変更はありません。従って抵当権等は住宅金融支援機構名義での設定となりますが、ご返済や各種届出等の諸手続は、当社が住宅金融支援機構から委託を受けて引き続き窓口となります。また、住宅金融支援機構は住宅ローン債権をさらに信託会社等に信託します。
  • 当社の審査、ローンを買い取ることを予定している住宅金融支援機構の審査、または提携金融機関の審査の結果によっては、ローンご利用のご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。

その他

  • 【フラット50】をご利用された方が、お借入対象の住宅を売却する際に、当該物件を購入する購入者に対して、【フラット50】の債務を引き継ぐことができます。ただし、本債務の引継ぎは1回限りとなります。
    また、本債務を引き継ぐにあたっては、住宅金融支援機構の審査があり、ご希望にそえない場合があります。
  • 【フラット50】と【フラット35】をご利用いただく場合、必ず同一金融機関でお申込みいただく必要があります。別々の金融機関でお申込みいただくことはできません。

平成28年4月1日現在

フラット50

元利均等毎月払・元金均等毎月払(6か月毎ボーナス払も併用可) / 遅延損害金:年率14.5%(年365日の日割計算)/ 住宅金融支援機構による第1順位抵当権設定 / 融資期間:36年以上50年以内(1年単位)お申込みご本人の年齢が31歳以上の場合は「80歳-お申込時の年齢」、親子リレー返済を利用する場合は、後継者の方の年齢を基準とします。

株式会社ファミリーライフサービス
貸金業登録 関東財務局長(3)第01477号 ・日本貸金業協会会員 第002122号

お悩み事がありましたらお気軽に!

フラット35取扱金融機関 株式会社 ファミリーライフサービス 【フラット35】のお借入・お借換はこちら
貸金業登録 関東財務局長(3)第01477号 ・日本貸金業協会会員 第002122号

当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15/TEL:03-5739-3861

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。